美白

肌のくすみ

肌のくすみとは、肌に透明感がなく、明るさやつやを感じられない肌状態のことです。角層の水分量低下や肌荒れによる肌理の乱れや角層の重層化、血行不良による赤みの減少、メラニン量の増加による明度の低下などの要因が複合して、引き起こされると考えられています。肌のくすみには、一時的な体調不良や精神的ストレスのほか、紫外線の影響の蓄積、加齢による機能低下なども関与していると考えられています。くすみの改善には、まず血行を促進することが効果的です。そして、角層の水分保持機能を高め、メラニン量を減らし、角層の正常な剥離を促せばくすみは改善します。

肌の見え方は、角層、表皮、真皮の光学特性、すなわち、皮膚内で光がどのように吸収、散乱されるのかで変化します。角層においては、1)皮脂や肌理などの表面構造によって影響を受ける拡散反射、2)角層中の水分や脂質の量によって変化する透過率による角層内部を通過する際の光の減衰、3)角層、表皮、真皮の厚さ、などが肌の見え方に影響を与えます。

皮膚がどのように見えるのかの「肌の見え方」には、皮膚に入射した光が皮膚内でどのように散乱し、出射されるのかの「表面下散乱(Subsurface Scattering)」が重要な役割を果たしています。入射した光の6%が皮膚表面の皮脂で反射し、残りの94%が皮膚の影響を受けます。皮脂を透過した光はほとんどが表面下散乱の影響を受け、残りが吸収されます。皮膚内で散乱を何回も繰り返した光(多重散乱光)は、再び表面まで戻り、最終的には散乱光として観察者に認識されます。散乱の回数が多いほど、光が伝播する方向はばらばらになります。皮膚は細胞や組織等が複雑な構造をなしているため、強い散乱体であり、その特性は、光が散乱して再び出てくるまでの距離と光が吸収される頻度によって主に決定されます。また,皮膚に垂直に入射した光がどのような拡散光となるのかを調べると、遠くに行けば行くほど赤が強く残り、緑、青の順に拡散半径が小さくなります。これは「拡散プロファイル (Diffusion Profile)」と呼ばれています。したがって、肌の見え方には拡散プロファイルも考慮する必要があります。

 

角質層,表皮,真皮の主な光吸収、散乱分子には、ユーメラニン、フェメラニン、オキシヘモグロビン、デオキシヘモグロビン、ビリルビン、β-カロチン、タンパク質、脂質、老化酸化物、水などがあります。