美白

しみの原因

顔や手背(手の甲)にできるしみのほとんどは紫外線が原因です。夏は日中、朝夕を除きUVBが多く、一日一時間ほど浴びても、それを数年間続けると、数年から数十年後には露光部位にしみがでてきます。例えば、10代で日焼けを繰り返した人は、3040代で日焼けした部位にしみがでてくるということです。紫外線が原因のしみは紫外線曝露部位だけにできるのが特徴で、紫外線があたっていないところにはできません。しみの原因となる紫外線はUVBであり、UVAではありません。日焼けすると赤くなって黒くなりやすい色白の女性は、日光を浴びすぎると、しみができやすく、目立つので、若い時から浴びすぎないようにしましょう。露光部位にできるしみは医学的には日光性色素斑(老人性色素斑、日光黒子)といい、色素斑型と黒子型に大別されます。悪化して濃くなったしみは、表皮だけでなく真皮にもメラニンが落ちて存在するようになるので早めのケアが必要です。しみは、表皮に存在するメラノサイト(メラニンをつくる細胞)がずーっとメラニンを過剰につくり続けているのが主な原因です。なぜ、メラノサイトが必要以上にメラニンをつくりつづけているかの詳細なメカニズムは未だ解明されていません。