美白

美白化粧品(医薬部外品)としみ・そばかす用医薬品の効果について

美白化粧品(医薬部外品)と表示されている薬用化粧品の効能はほとんどが「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」で、これは紫外線によるしみ・そばかすを防ぐという効果で、できてしまったしみ・そばかすを薄くする効果については、厚生労働省は認めていません。ですから、今販売されている美白化粧品を塗り続けても、しみ・そばかすを消し去ることは期待できません。ビタミンCやシステインを配合した内服医薬品の効能に「しみ・そばかす」と記載されていれば、その医薬品を内服することで、しみ・そばかすを薄くすることができます。